安全性の高いマイホームを建てるならサカエ建設に頼もう

積み木

注目度アップの著しい街

インテリア

通勤も地元の買い物も便利

相模原市で住居用不動産を購入する際にまず知っておきたいのは、都心への通勤を考慮した場合、市内の各エリアにおける利便性にそれほど大きな差はないという点です。相模原市には3つの行政区があり、東西にほぼ並列しています。それぞれの区には中心となる鉄道駅が1つずつ所在していますが、都心への所要時間はいずれの駅からでもおおむね35〜45分の範囲内に収まります。また、3つの区を横断する形で一般国道が走っているため、車での移動も便利です。相模原における住居用不動産の分布は、駅付近にマンションが多く、その周囲に一戸建て中心の住宅地が広がるというごく一般的なスタイルをとっています。ただ、モータリゼーションがかなり進行しているため、主要道路沿いには駅からの距離に関係なく大型マンション物件が見受けられます。不動産の価格水準を見た場合、3つの区のうち平均地価が最も高いのが一番東寄りの区です。このエリアは古くから開発が進み、デパートなどの商業施設が多く集まっていることから、生活利便性の高い地域として人気があります。周辺に巨大な繁華街を持つ隣接市の駅へも徒歩で行くことができます。一方、一番西寄りの区は相模原市の中で平均地価が最も低くなっていますが、上昇率は極めて高い水準を維持しています。これは1990年代後半から中心駅周辺で大規模な再開発事業が進められていることによるもので、現在では高層マンションの林立するニュータウンが形成されています。2027年にはリニア式の新鉄道路線が開通する予定となっていることから、不動産市場における注目度は今後さらに高まるものと考えられています。

Copyright © 2017 安全性の高いマイホームを建てるならサカエ建設に頼もう All Rights Reserved.